しろうま動物病院 尼崎 新着情報 病院案内 スタッフ紹介 院内設備 診療費 ワクチン・フィラリア 外科手術 内科の病気
page top
☆エントランス

段差のない平坦な入口にしています。足腰の弱った犬や、カートに動物を乗せて来院する方に配慮しています。

☆受付

診察の受付やお会計、薬のお渡しなどを行います。少しでもスムーズにできるように工夫しています。

☆待合室

光の差し込む明るい待合です。
待ち時間を少しでも快適に過ごして頂きたいと考えています。。飼い主さんに役立つさまざまな情報も紹介しています。

☆診察室

診察は椅子に座って飼い主さんの付添にて行います。個室ですので怖がりの猫や犬でも安心です。レントゲンの画像などは壁に設置しているモニターでお見せします。

☆処置室

病院の中心にあります。
各種検査や外科処置、薬浴、更には薬の調剤などを行う病院の中枢です。
なお、院内は常に衛生的に保っています。

☆オペ室

各種モニター、吸入麻酔気、レントゲン装置など必要十分な設備を備えています。不妊手術、腫瘍外科、整形外科等、多種多様な手術に対応しています。安全に十分配慮し、丁寧な手技を心掛けています。

犬入院室

大型犬にも対応できる入院室を備えています。
面会の飼い主様も快適に滞在できる清潔な環境に整えています。



☆猫入院室

デリケートな猫に配慮して犬とは別の猫専用の入院室を用意しています。
猫が少しでもリラックスできる空間を確保しています。

page top
医療機器
☆超音波診断装置 GE Vivid S5

コンパクトなボディーに先進の機能を持つ高性能エコーです。特に心臓の検査において精度の高い検査を可能とします。小型犬や猫の小さくて動きの速い心臓の検査に対応しています。

☆内視鏡

内視鏡により開腹手術をせずに消化管(食道、胃、大腸)の組織検査や異物の回収ができます。

☆デジタルレントゲン装置(DR) 

レントゲンの画像をデジタル化する装置です。この装置はDRと呼ばれるシステムで画像が出るまでの時間が短い(撮影後10秒)ことが特徴です。また高感度のセンサーを導入し画質の向上に努めています。

☆自動血球計算機

白血球、赤血球、血小板の数を迅速に測定します。

☆血液生化学分析装置 IDEXX社製

肝臓、腎臓、膵臓等の機能や血液のミネラルを測定分析する装置です。
微量の血液から迅速かつ正確に測定します。

☆ホルモン測定装置 IDEXX社製

甲状腺ホルモン(T4)と副腎ホルモン(コルチゾール)を測定できます。
院内での迅速な診断は治療に有利です。

血液生化学分析装置 arkray社製

糖尿病の診断と治療に役に立つ機械です。
血糖値の長期的状態を示すフルクトサミンを
院内ですぐ測定できます。

院内検査機器

院内で十分な検査ができる充実した機器をそろえています。特殊検査については、各種検査センターと連携しています。

page top